遺言、相続放棄、相続登記、遺産・財産管理、贈与や売買、抵当権抹消等の不動産登記及び財産管理会社の設立登記などの相談は東京都墨田区の司法書士長田事務所へ

遺言相続,不動産登記が中心の司法書士長田法務事務所の公式HP

東京・墨田区の遺言相続.net

東京都墨田区両国2-21-5-507の司法書士長田法務事務所内
営業時間:
平日は午前10時~午後6時、土休日は事前予約制

墨田区,江東区,台東区,江戸川区,葛飾区,荒川区,足立区,北区,市川市の相続等

司法書士の無料相談もあります

お問い合わせはお気軽にどうぞ

コラム40(新型コロナウイルスの影響とその対応)

墨田区のJR両国駅前にある司法書士長田法務事務所は、錦糸町や秋葉原からも近くて便利です。

第1.はじめに

ウイルス飛散防止パネル導入しました

令和2年4月7日に、
新型コロナウイルスの
感染拡大防止のため
に、
政府から緊急事態宣言が発令されました。

 

その後は、都会の街の人通りが消え、
空いている通勤電車、明かりが消えた夜、

激しい混雑のスーパーマーケットと
2か月以上買えないマスクなど。

 

現在の東京の風景は、
東京に30年以上住んでいる私にとって、

見たことのない光景が広がっています。

 

まだ特効薬のない
新型コロナウイルスの拡大は、

いつ収束するかがはっきりしていません。

ですから、これからの経済や社会に
与える影響は想像もできません。

 

明けない夜はないと思います。

私も、皆様と共にこの状況を乗り越えたいと思います。

(令和2年4月29日執筆)

同年5月25日に緊急事態宣言は解除されました。

しかし、不安を抱く方にも
安心していただけるよう、

しばらくは油断することなく
対策を継続する予定です。

(5月25日追記)

なお、当事務所の
コロナウイルス感染症予防への対応や取組みを
知りたい方は、次の第2までスクロールしてください。

 

☎ 03-3635-2119 

遺言・相続・贈与登記などのご相談は、
東京都墨田区両国駅前の司法書士長田法務事務所

お客様の声へ

第2.当事務所のコロナウイルス感染症予防への対応

1.当事務所のコロナ対策の取り組み

皆様に安心してご相談いただけるよう、
当事務所では、コロナ感染症対策と称して、
できるだけの対策を取りたいと思います。

 

コロナ感染症対策で大切なことは、
3密を避けて社会的距離をとることだと言います。

そこで、つぎの2以下の取り組みを行います。

2.感染予防の準備

① 手洗いやうがいの回数の増加

② ドアノブや相談テーブル、筆記具を相談者ごとに除菌します

③ マスクや除菌シートを用意します

④ お茶などは個別のペットボトルや缶のままお出します

※ ④は当面の間

3.相談時の感染予防対策

① 換気を行う

② 相談時はマスクをします

③ 相談の距離を取ります

④ アクリル板の仕切りを用意しました

⑤ お客様へもせきや熱、だるさがある場合は相談の延期をお願いします

4.緊急事態宣言中の混雑予防対策(R2.4.7~5.25)

① 夜間無料相談の中止など、執務時間の短縮

② 在宅勤務日の設定(電話の転送により連絡がとれます)

③ 事務員の出所を停止

④ 事務所への不特定多数の出入り禁止(事前予約のみの相談)

⑤ 交通費のみの出張相談対応(墨田・江東・台東区限定)

⑥ オール非接触対応の選択が可能(定型的な抵当権抹消や相続登記)

※ ⑥は、ご相談により非接触対応の可否を決定します

※ ⑥は、メールや郵送、電話でのやり取りが中心となります。

※ ⑥は、特別対応のため、費用と時間がかかります

※ 非常事態宣言の解除(R2.5.25)に伴い、③⑤を停止し、その他は緩和します

5.コロナウイルス感染症予防対応へのご協力のお願い

以上のように、皆様の安心と健康を考え、
新型コロナウイルス感染拡大防止に
取り組む努力をいたします。


その結果、通常のお手続きよりも、
時間・費用・お手間がかかることを
ご理解下さるようお願いいたします。

第3.司法書士周辺の新型コロナに関する影響例

1.司法書士業務周辺の影響

司法書士である私の周りにも、
新型コロナウイルスの影響が出ております。

 

不動産業界のこと

現在は大手を中心に、
社員の在宅勤務やテレワークが多く、
モデルルームや物件の案内を控えたり、
セミナーを中止し、水回り設備の不足により、
物件の引渡しが遅延したりしていると聞きました。

 

また、店舗の賃料減額の相談は増えるものの、
不動産の買主からの問合せは減少しています。

これらを見越して、
不動産の仕入れを自粛する不動産会社もいます。

 

非常時は、現金(キャッシュ)を置いておきたいものです。

これを機に、不振企業ではリストラを促進すると思います。

 

余程の理由がない限り、ローンを組んで家を買おうとは思わないでしょう。

ですから、5月以降の予約状況が気になります。

 

金融機関のこと

事業者向けの無担保の制度融資や
リスケジュールなどの相談が
大幅に増加しており、
行員さんが、
いつコロナに感染するか不安の日々を
送っていると聞きます。

 

 

司法書士会や支部のこと

セミナーや総会などの会合、
市民向け法律相談などの中止又は延期、

東京司法書士会の事務時間の短縮や
一部業務の縮小がなされています。

 

裁判所のこと

緊急性がある業務を除いては、
現在は機能を停止しております。

裁判所からは、不要不急の破産などの
申立を控えて欲しいとのことです。

破産は不要不急なのでしょうか?

 

法務局や役所、公証役場のこと

三密を避けるために、
職員を大幅に減らして業務を行っております。

その相談や手続完了が大幅に遅れております。

2.一般の方への影響(緊急事態宣言終了により改善)

裁判所のこと

訴訟などの口頭弁論期日が入らないことで、
判決までに時間がかかりますし、
破産申立てや相続放棄、後見人の選任なども
同様に時間がかかっています。

 

金融機関のこと

司法書士も、余程の用がない限り金融機関へは行けません。

不要不急の要件では、
できるだけ郵送やネットで
対応して欲しいとのことです。

預貯金の相続手続きに影響があります。 

 

法務局のこと

登記申請から完了にかかる期間が、
1ヶ月以上となっております。

また、面談による登記手続相談を
しばらく中止しています。

 

このため、融資を受けるために必要な
会社変更登記の完了が遅れ、

会社登記簿謄本や印鑑証明書等が取得できず、
融資や資金繰りに間に合わないことが考えられます。

 

※ 会社変更登記中は、会社の登記簿謄本が
取得できず、印鑑証明書も取得できない場合があります。

 

最近も、緊急融資のために、
管轄外の本店移転や役員変更の相談が
ありました。

しかし、申請から登記完了までに
1か月以上かかるとお話ししたところ、

税理士も多忙で相談に乗ってくれないし、
日本政策金融公庫や商工会議所なども
相談に時間がかかりすぎると言っていました。

 

また、新築建物の表題登記に時間がかかり、
工務店の施主への引渡しが遅れることで、
代金受領が遅れ、工務店の資金繰りが
厳しくなることも考えられます。

 

区役所のこと

近くの墨田区役所では、
区内の全ての出張所を閉鎖しており、

非常事態宣言明けまで、
本庁でしか住民票や戸籍が取れません。

また、窓口が混んでいます。 

 

公証役場のこと

定款認証や公正証書遺言等の予約が
取りにくくなっています。
 

このように、司法書士業務に関係する
一般市民の生活にもコロナの影響がでております。

第4.さいごに(備えあれば憂いなし)

安心には、備えあれば憂いなし

当事務所には、マスクや
除菌シート等の少しの備えがあります。

このため、私のお客様への
コロナ感染予防対策ができます。

 

その他にも、非常時の水や
食料を数日分備蓄しています。

 

備えの大切さは、平成7年の
阪神淡路大震災の時に、

その光景に衝撃を受けました。

また、関西在住の友人から、
その時の人間の身勝手さを学んだからです。

 

新型コロナウイルスの騒動が終結しても、
時間がたてば、
阪神淡路大震災や東日本大震災、
新型コロナウイルス時の混乱の教訓を
忘れてしまう方が多いと思います。

 

このホームページを見た皆様には、

のど元過ぎれば(熱さを忘れる)

・人のうわさも七十五日

といった言葉の逆の行動をして欲しいと思います。

 

すなわち、備えあれば憂いなしです。

その時になって慌てて対策をしても
手遅れとなることがあります。
 

それが、皆様の大切な命や財産に
かかわることであればなおさらです。
 

 

備えの大切さを理解していただき、
遺言や相続、贈与、不動産の処分等の
ご相談も早めの準備をお勧めします。

 

皆様の健康と社会の安定を願っております。  

将来のことで迷っている方に、
少しでも何かきっかけを与えられれば幸いです。

 

このコラムは、内容が特定できないように変更しています。

このコラムから何か気づくことや
ご興味があった方は、

お問合せフォームからご連絡下さい。

☎ 03-3635-2119 

東京都墨田区両国駅前の司法書士長田法務事務所

司法書士へのご相談にはご予約を

頼みやすさが付加価値の司法書士長田法務事務所

ちょっとしたご相談でも司法書士にお任せ下さい
  • 長年忘れていた相続登記の相談をしたいのですが?
  • 司法書士に一部の相続手続きだけを頼んでもいいの?
  • 遺言.相続ではなく、不動産の事も相談できますか?

個人の遺言・相続・不動産売却は初回無料相談があります遺言・相続・抵当権抹消・遺産整理・不動産や会社の登記など、お気軽に墨田区両国の司法書士へご相談下さい。

受付時間:10:00~18:00(平日)

セミナーや取材の受付

TBSテレビ ビビットさんより

03-3635-2119

メディア取材や司法書士のセミナー講師のお問合せは
東京都墨田区JR両国駅前の

司法書士長田法務事務所

税理士等の士業者や不動産会社、葬儀社、介護事業者様など相続に関係する方へ

こあいさつと執務案内

遺言や相続手続、高齢者向け相談、不動産の売買や贈与を中心とした墨田区両国駅前の司法書士事務所です

東京都墨田区の遺言相続.
netの司法書士長田法務事務所のご予約メールは24時間受付中です
営業時間:平日10~18時
電話予約の時は、営業時間外予約も対応できます

03-3635-2119

メールの問合せフォーム