遺言、相続放棄、相続登記、遺産・財産管理、贈与や売買、抵当権抹消等の不動産登記及び財産管理会社の設立登記などの相談は東京都墨田区の司法書士長田事務所へ

遺言相続,不動産登記が中心の司法書士長田法務事務所の公式HP

東京・墨田区の遺言相続.net

東京都墨田区両国2-21-5-507の司法書士長田法務事務所内
営業時間:
平日は午前10時~午後6時、土休日は事前予約制

墨田区,江東区,台東区,江戸川区,葛飾区,荒川区,足立区,北区,市川市の相続等

司法書士の無料相談もあります

お問い合わせはお気軽にどうぞ

相続放棄

相続放棄-相続放棄の相談は墨田区の司法書士長田法務事務所へ

墨田区のJR両国駅前にある司法書士事務所です。錦糸町や秋葉原からも近くて便利です。

こんなことで困っていませんか?-相続放棄

  • 遺産分割での放棄と相続放棄の違いがよくわからない
  • 自分だけ相続放棄をしていいのかがわからない
  • 突然、金融業者から借金相続のお知らせが来ました
  • 相続から3か月が過ぎましたが相続放棄をしたい
  • 仲が悪いので、少額の遺産で話合いをしたくない

こんな面倒なことから解放されたくありませんか?-相続放棄

  • 親の借金が多いので、絶対に相続をしたくない
  • 相続後に、親が連帯保証人だったことを知った
  • 相続から3カ月以内に相続放棄の申立が間に合わない
  • 裁判所の管轄が遠すぎて、自分で申立てる事が難しい
  • 親の事業承継はしたくないし、遺産も責任もいらない

このような相談は、ほんの一部です。

相続放棄は、
司法書士にお任せいただいた方が安心です。

 

相続放棄のご相談は、
墨田区両国駅前の司法書士長田法務事務所へ

☎ 03-3635-2119

基本的な相続放棄なら、
税込3.3
万円~の相続放棄定額プランがあります

第1.相続放棄とは

相続放棄とは?

家庭裁判所において
相続放棄(申述受理)の申立をし、
それが認められることです。

 

その結果、
はじめから相続人ではなかったものとみなされます。

亡くなった人の一切の(+)権利と(-)義務を引き継ぐことはありません

司法書士長田法務事務所の紹介

第2.相続の承認又は放棄の期間伸長とは

相続放棄の申述申立期間を延長できるとは?

1.相続放棄の申述申立期間の原則

相続人は、
自分のために相続の開始があったことを
知った時から3か月の熟慮期間内に、
単純承認、限定承認又は相続放棄をしなければなりません。

 

2.1.の3ヶ月以内の熟慮期間に相続放棄などの判断ができない時は?

相続人が、この期間内に
相続財産の調査ができない場合や

相続放棄や単純承認などの方針を
決められない時は、
家庭裁判所に申立てをして、
この3か月の熟慮期間を延長(伸長)できます。

 

3.申立人

・相続人などの利害関係人

・検察官

4.重要

この期間伸長の申立も、
本来の相続放棄の申立期間内に行わなけねばならない。

 

5.その他

管轄や申立費用、
必要書類は相続放棄申述の申立てに準じます。

 

➡ ポイント

相続放棄をするか否かを決められない時は、
この期間伸長の申し立てをすることで、
時間を買うことができます。

 

相続放棄と相続放棄等の期間伸長の申立
のご相談は、
墨田区の司法書士長田法務事務所へ

☎ 03-3635-2119

相続放棄の手続きと費用

第3.相続放棄をしたくなるとき

次のような理由から、

他の相続人や実家との関係を持ちたくないと聞くことがあります。

 

① 相続の機会に、長男だからと、無理なこと(しがらみ)を持ち出されるとき

② そもそも(生活は成り立っているので)、少ない遺産自体に興味がないとき

③ 思い出したくない思い出がある実家や田舎に関わり合いたくないときなど

 

例えば、次のような時に
相続から解放されたい
として、
相続放棄が利用されます。

(リスクと遺産がなくなります)

 

1.急に長男の責任を強要してきた

親は自分以外の兄弟をかわいがっていたのに
急に、長男の責任として家や風習を守れと言われた。 

 

2.急に実家を継げと言われた

東京で経済地盤ができているのに、
急に、遠くて興味がない実家の家業を
継いで欲しいと言われた。

 

3.面倒な相続に協力したくない

子供の時から親や兄弟仲が悪いから上京した。

相続手続きのために何回も遠い田舎へ行って、
兄弟げんかをしたくないし、
手続きに気持ち良く協力できる自信がない。

 

4.知らないリスクを負いたくない

長い間、遠い実家の情報を何も知らず、
遺産の内容もわからないので、
隠れた借金や
責任のリスクを負うよりは、
なにも貰わないほうがいい

   

つまり、相続放棄は、上記のように、
亡くなった人の借金を負担したくない時
以外にも利用されます。

 

最近は、比較的安いコストで、
相続人としての法律上の権利と義務、
面倒な事務手続きから解放される手段
として相続放棄が利用されます。

 

借金を相続したくない理由と同じくらい、
他の相続人との関係をもちたくないときに
利用されることが目立ってきました

相続放棄の管轄(東京)

相続放棄の申請先(亡くなった方の最後の住所地が墨田区の他、東京23区内の方)

●東京の家庭裁判所(東京家庭裁判所 家事訴廷事件係)

■場所:東京都千代田区霞が関一丁目1番1号

相続放棄定額プランへ

司法書士へのご相談にはご予約を

頼みやすさが付加価値の司法書士長田法務事務所

ちょっとしたご相談でも司法書士にお任せ下さい
  • 長年忘れていた相続登記の相談をしたいのですが?
  • 司法書士に一部の相続手続きだけを頼んでもいいの?
  • 遺言.相続ではなく、不動産の事も相談できますか?

個人の遺言・相続・不動産売却は初回無料相談があります遺言・相続・抵当権抹消・遺産整理・不動産や会社の登記など、お気軽に墨田区両国の司法書士へご相談下さい。

受付時間:10:00~18:00(平日)

セミナーや取材の受付

TBSテレビ ビビットさんより

03-3635-2119

メディア取材や司法書士のセミナー講師のお問合せは
東京都墨田区JR両国駅前の

司法書士長田法務事務所

税理士等の士業者や不動産会社、葬儀社、介護事業者様など相続に関係する方へ

こあいさつと執務案内

遺言や相続手続、高齢者向け相談、不動産の売買や贈与を中心とした墨田区両国駅前の司法書士事務所です

東京都墨田区の遺言相続.
netの司法書士長田法務事務所のご予約メールは24時間受付中です
営業時間:平日10~18時
電話予約の時は、営業時間外予約も対応できます

03-3635-2119

メールの問合せフォーム