遺言、相続放棄、相続登記、遺産・財産管理、贈与や売買、抵当権抹消等の不動産登記及び財産管理会社の設立登記などの相談は東京都墨田区の司法書士長田事務所へ

遺言相続,不動産登記が中心の司法書士長田法務事務所の公式HP

東京・墨田区の遺言相続.net

東京都墨田区両国2-21-5-507の司法書士長田法務事務所内
営業時間:
平日は午前10時~午後6時、土休日は事前予約制

墨田区,江東区,台東区,江戸川区,葛飾区,荒川区,足立区,北区,市川市の相続等

司法書士の無料相談もあります

お問い合わせはお気軽にどうぞ

相続放棄をした方がいい人

相続放棄をした方がいい人-相続放棄の相談は墨田区の司法書士長田法務事務所へ

墨田区のJR両国駅前にある司法書士事務所です。錦糸町や秋葉原からも近くて便利です。

借金の相続はお断り!

相続の相談をしているうちに、
この人は相続放棄をした方がいい
と思った人もいます。

しかし、当のご本人が
それに気づかないことがあります。

 

相続放棄のご相談は、
墨田区の司法書士長田法務事務所へ

☎ 03-3635-2119

相続放棄の基本料金が、
税込3.3円~の相続放棄定額プランがあり

相続放棄の定額プランへ

相続放棄をした方がいい人の典型例

1.相続があったことを知ってから3カ月以内に負債が多いことがわかった人

自分の為に相続の開始があったことを知ってから3カ月以内の熟慮期間中に、

相続放棄か承認(いわゆる単純承認)しなければなりません。

しかし、この起算点は、単に相続(死亡)を知っただけと言うよりは、

自分が相続人であることを知ったと言うことです。

もし、被相続人の借金が多いと分かっていたら、

その遺産(相続財産)に一切手をつけずに、相続開始後3カ月以内に相続放棄の申立てをして下さい。

2.確実に遺産の中で借金(負債)が多いことが判明していること

もし、相続を知ったのが、亡くなった日から3カ月を超えてしまっていても

例えば、

・自分は海外赴任でその当時日本にいなかったから遺産があるかどうかの事実を知らなかった、

・遺産の中身が相続債務の方が圧倒的に多いという事実を知らず、かつ遺産分割に参加していない

・相続手続きに全く関与していなかったケース

などは、相続を知って3ヶ月を超えていても、明らかに借金が多いと分かったらすぐに相続放棄をすべきです。

最後は裁判所の判断ですが、相続放棄をする価値があるケースです。

但し、相続後3カ月を超えていますので、その旨の事情の説明書や知ったきっかけを証明する書類が必要となりますので、専門家にご相談下さい。

3.借金の問題は不明だが、他の相続人と関わりあいたくない人

相続人間でも、人間関係が薄い人やお金に困っている人など、関わり合いをもちたくないことがあります。

特に、遺産分割となると、感情がむき出しとなることもあるので、より、話合いをすること自体が憂鬱と感じる人もいます。

 

相続放棄は、相続財産の全てを承継しないかわりに相続人ではなくなります。

相続放棄をすれば、嫌な相続人とあまり関わりを持たなくてすむ可能性が高いです。

 

但し、相続放棄をしても戸籍謄本にその旨は記載されません。

そこで、相続債権者や他の相続人からの問い合わせに対して、相続放棄申述受理証明書を送ってあげることが大切です。

4.相続人ではなかったのに、先順位者の相続放棄で順位が繰り上がった人

知らずに相続人となってしまっていたケースとして、

本来の相続人の全てが相続放棄をしてしまったケースがあります。

【例】

父が死亡し、法定相続人は母と息子だけが(第1順位の)相続人であったところ、

この2名の相続人が相続放棄をしたら、

次の順位の人(第2順位-父の祖父母)が新たに相続人となり、

第2順位の相続人がいないか、又はその全員が相続放棄をすれば、

さらに次の順位の人(第3順位-父の兄弟姉妹)が相続人になります。

 

この例のように、被相続人死亡後3カ月を過ぎていて、第1順位の相続人が相続放棄をしたことを知らなかったことはありえることです。

 

そして、第2、第3順位の相続人が、自分が新たに相続人となったことを知るきっかけとして、相続債権者から通知が来たことがあげられます。

なぜならば、相続放棄をしても、戸籍謄本に相続放棄の旨の記載はないし、次順位相続人への相続放棄の通知もなされないことがあるからです。

 

幸いなことに、相続人であることを知らなかったから、遺産分割などの単純承認事由に当たる行為をしていないことが多いです。

 

そこで、相続を知って3ヶ月を超えていても、

明らかに借金が多いと分かったらすぐに相続放棄をすべきです。

但し、その旨の事情の説明書や知ったきっかけを証明する書類が必要となりますので、専門家にご相談下さい。

 

相続放棄のご相談は、
墨田区の司法書士長田法務事務所へ

☎ 03-3635-2119

相続放棄定額プランがあります。

司法書士へのご相談にはご予約を

頼みやすさが付加価値の司法書士長田法務事務所

ちょっとしたご相談でも司法書士にお任せ下さい
  • 長年忘れていた相続登記の相談をしたいのですが?
  • 司法書士に一部の相続手続きだけを頼んでもいいの?
  • 遺言.相続ではなく、不動産の事も相談できますか?

個人の遺言・相続・不動産売却は初回無料相談があります遺言・相続・抵当権抹消・遺産整理・不動産や会社の登記など、お気軽に墨田区両国の司法書士へご相談下さい。

受付時間:10:00~18:00(平日)

セミナーや取材の受付

TBSテレビ ビビットさんより

03-3635-2119

メディア取材や司法書士のセミナー講師のお問合せは
東京都墨田区JR両国駅前の

司法書士長田法務事務所

税理士等の士業者や不動産会社、葬儀社、介護事業者様など相続に関係する方へ

こあいさつと執務案内

遺言や相続手続、高齢者向け相談、不動産の売買や贈与を中心とした墨田区両国駅前の司法書士事務所です

東京都墨田区の遺言相続.
netの司法書士長田法務事務所のご予約メールは24時間受付中です
営業時間:平日10~18時
電話予約の時は、営業時間外予約も対応できます

03-3635-2119

メールの問合せフォーム